Browse Month by 12月 2016
未分類

相談してリスクを回避

様々な問題に、私達自身の権力のようなものや、力関係のようなものがあります。そういった関係性は、特定のトラブルなどの問題に関して、それらによって私達の主張がねじ伏せられてしまう場合があります。特に、力関係や脅迫のような行為によって通るはずの主張が通らない場合があります。

そういった際に『泣き寝入り』となってしまうのではなく、やはり私達は法的に戦うためにも弁護士に相談することによって、まずは第一歩を踏み出すことが出来ます。ですから、交通事故以外にも法的な処理や対応が必要になった場合において、弁護士に相談するということは、まさにリスク回避を行うと言うことであり、より良い結果を招くことになります。何度も言うように、自分で解決することが間違っているのではありませんが、より強力な味方を付けておくということは、私達にとっても心強いこととなります。

企業はこの点で、トラブル対応をするために顧問弁護士などを雇うことがあります。私達は個人で顧問弁護士を雇うことはなかなかないと思われますが、いつもトラブルが発生した時のために弁護士へ相談できる準備をしておくなら、交通事故を含む咄嗟のトラブルにも、すぐに対応出来るようになります。

未分類

後遺障害を負う可能性

交通事故による被害は、単なる怪我では終わらない場合があります。それが、後遺症のように症状が後に響いてしまう場合です。事故による後遺症(後遺障害)は等級によって分けられるようなものですが、等級においてどの級に認定されるかというのも、賠償には関わってきます。たいてい、こういった問題は加入している保険会社が対応するものですが、そういった場合にも弁護士がいるなら、正しい対応を行うことができます。いわば、『うまく言いくるめられてしまう』ということを、避ける事が出来るのです。

後遺障害に関連して、先ほども挙げましたが、事故をその場で示談成立させてしまうのが危険であるというのは、この点にも関係します。示談といっても、いろいろな方法がありますが、たとえそれが口約束であったとしても、成立させてしまった示談を覆すのは難しいでしょう。紙面などで契約しているのであればなおさらです。

ですから、正しい賠償を受けるためにも示談にせずに、もしなんら自分にはおかしいと思える症状がなかったとしても、そのようにするべきであるということが分かります。そのような時に正しい対応を出来るかどうかという点は、その事故後の生活にも大きく関わってきます。

未分類

弁護士は強力な味方

なぜ交通事故対応を行う時は弁護士が強力な味方になると言えるのでしょうか。まず、基本的に交通事故を引き起こすことによって、それが物損である場合と、人身事故である場合があります。物損事故の場合、被害者はいませんが、人身事故の場合は怪我を負った人など、被害者がいることになります。どちらに責任があるのか、という問題も含め、人身事故は賠償問題等が発生します。

それは、単に車の修理費用を負担するようなものだけではなく、怪我を負った側の治療費や入院費、その人が仕事で得られなくなる給料の分、そういった賠償を行わなければなりませんから、その賠償関係において、トラブルとなることがあります。また、当初は物損事故だと思っていたのに本当は人身事故であった、となることもあります。

私達はそういった際に一人で対応するよりも、弁護士に相談する方が賢明であると言えるのは、弁護士は様々な対応を行うことができ、被害者側であれば私達が最善の賠償を受けられるようにしてくれます。また、相手側の対応に関しても、弁護士がいるかどうか、という点は大きく影響します。ですから、交通事故を引き起こしてしまった、または被害者側になってしまった場合、弁護士に相談するのは正しいことです。