Browse Day by 12月 3, 2016
未分類

弁護士は強力な味方

なぜ交通事故対応を行う時は弁護士が強力な味方になると言えるのでしょうか。まず、基本的に交通事故を引き起こすことによって、それが物損である場合と、人身事故である場合があります。物損事故の場合、被害者はいませんが、人身事故の場合は怪我を負った人など、被害者がいることになります。どちらに責任があるのか、という問題も含め、人身事故は賠償問題等が発生します。

それは、単に車の修理費用を負担するようなものだけではなく、怪我を負った側の治療費や入院費、その人が仕事で得られなくなる給料の分、そういった賠償を行わなければなりませんから、その賠償関係において、トラブルとなることがあります。また、当初は物損事故だと思っていたのに本当は人身事故であった、となることもあります。

私達はそういった際に一人で対応するよりも、弁護士に相談する方が賢明であると言えるのは、弁護士は様々な対応を行うことができ、被害者側であれば私達が最善の賠償を受けられるようにしてくれます。また、相手側の対応に関しても、弁護士がいるかどうか、という点は大きく影響します。ですから、交通事故を引き起こしてしまった、または被害者側になってしまった場合、弁護士に相談するのは正しいことです。